安全に利用する為にしっておくと良い事を紹介!

カードローンの不正利用を防ぐ安全策とは

大手消費者金融などからカードローンを利用するというのは、
普通に利用していればとても便利なカードです。
しかし、ひとたび間違った使い方、間違った管理の仕方をしていると、
あっという間に多重債務のカードとなってしまいます。
安全にカードローンを使うために、安全にカードローンを
利用するための注意点を見ていきます。

カードローンの注意点

注意点として、第三者にカードローンのカードを貸さないということです。
カードローンの規約によって、第三者にカードローンのカードを貸し出すことを
禁止している会社は、非常に多くなっています。
第三者というと、親族や知人はいいのかという話がありますが、
それもいけません。
たとえ親族や親しい知人であっても、
本人以外の人がカードローンのカードを使ってはいけないのです。
万が一、それで本人が損害をこうむったとしても、
カードローン会社側としては、それに対する責任は負いません。

上記の話は、本人の意思でカードローンのカードを
他人に貸し出してしまった場合です。
しかし中には、不可抗力という場合もあります。
紛失したり盗難されたカードローンのカードが不正利用されてしまったり、
スキミングをされてしまったというケースが、これに該当します。

紛失や盗難に関しては、安全のために貴重品は肌身離さず
持っておくということが、基本中の基本。
しかし、スキミングというのはいつどんな風に行われるのか分かりません。
クレジットカード機能を搭載したカードローンのカードの場合には、
カードでショッピングをした際に、
その処理端末にスキミング機能がある場合もあります。
この対抗策としては、カード処理は自分の目の前で
してもらうということが、安全です。

また、電波を発するスキミング装置を使って、
財布に入ったカードローンのカードの情報を読み取るというケースも、
報告されています。
最近では、こうしたスキミングの電波を遮断する
カードケースが販売されています。
クレジットカードやカードローンのカードは、
安全のためにこちらに入れておくことをおすすめします。

カードローンについて

銀行のカードローン

COPYRIGHT© 2013 カードローンを安全に利用するために ALL RIGHTS RESERVED.