安全に利用する為にしっておくと良い事を紹介!

カードローンを借り換えることの3つのメリット

最近のカードローンの宣伝の中に、「おまとめローン」や「借り換えローン」
というものが増えています。
現在利用している複数のカードローンを一つのカードローンにまとめるというものです。

「おまとめローン」や「借り換えローン」ができた背景

このようなカードローンが増えてきた背景には、
総量規制による貸出制限があります。総量規制が敷かれたために、
一人の利用者に対しては年収の3分の1までしか貸出ができなくなりました。
当然、今までより貸出がしにくくなり、営業実績が落ちることになります。
ところが、利用者の有利になる借り換えローンに関しては、
総量規制の「例外」として年収の3分の1の額を超えても良いことになっています。
それが、各消費者金融の一斉に借り換えローンの販売を始めた理由です。

メリット

借金額が減る可能性がある

わざわざ借り換えをするためにはそれなりのメリットが
無ければなりませんが、メリットの第一にカードローンをまとめることで
借金の額が減ることがあげられます。
当然、借り換えをしたからといって元金が減るわけではありませんが、
借り換えローンの金利は一般的に低くなっているため、
利息が減ることによって総返済額が減ることになります。

総返済額が減れば月々の返済額も少なくなりますし、
仮に月の返済額を変更しなければ、完済する期日が早くなります。

返済期間を延ばすことができる

現在の契約期間では返済期間が短いために、
月々の返済額が大きくて苦しい場合、借り換えという新たな契約によって
返済期間を長くすることができれば、その分月々の返済額を減らすことができます。

ただし、返済期間を長くし過ぎると、
現在の返済総額より増えることもあるので、注意は必要です。

管理が簡単になる

カードローンの管理が簡素化できるということです。
複数のカードローンを利用していると、返済額や返済日が
異なることがあるため、返済を忘れたり、間違えたりということが起きがちです。

そこで、カードローンをまとめることができれば、
借金の内容、返済残高、必要な金額などが管理しやすくなります。
返済漏れの懸念もなくなります。

以上のようなメリットが借り換えにはありますが、
借金自体が減るわけではないので、楽になると思わない方が無難です。

複数のローンをお持ちの場合

借り換えに関してのメリットは上記の通りですが、
複数のローンで返済が苦しいために、借り換えを行ったという人の場合、
注意しなければならないポイントがあります。

これまでに、複数社からの借り入れで精神的にも多くのストレスを感じていて、
借り換えを行うことで、月々の返済も楽になったときに、
まだ借りられるという感覚に陥ってしまわないように注意が必要です。

借り入れ先の件数、月々の返済額、さらに全体の返済額はそれぞれ多少少なくはなりますが、ここでまた別の業者から借り入れを行ってしまうと、
もう手の付けられない状態となり、 挙句自己破産にまで追い込まれてしまうというケースも考えられますから、充分に注意しましょう。

カードローンについて

COPYRIGHT© 2013 カードローンを安全に利用するために ALL RIGHTS RESERVED.